中国の世界覇権に異議!

国際情勢の「今」をお届けする!

【特別電】カナダ当局: トランプ氏支持過激派「プライドボーイズ」をテロ団体指定へ~AP

02/04 2021 APによると、カナダ当局がトランプ前大統領を支持している過激派「プラウドボーイズ」をテロ団体に指定する見通しという。これも日本にさえ及ぶ話だ。「朝敵」となった菅総理で、これほど重い世界的課題に対応できるとは全く思わない。日本にでも在日米軍基地がある。一義的には、米軍憲兵(MP)の範囲だと思うが、人数が少ないので多分、日本の自衛隊警務隊に応援要請が来ることさえ考えられる。日本政府はプラウドボーイに対する姿勢でも、バイデン政権による「人権」という命題が重しとなる。だから本ブログは本国会の焦点の一つは「破防法」改正と述べた。菅総理はリスクへの見積りが甘すぎるのではないだろうか?

★本ブログが一番心配していること。菅総理が日頃から東京2020は「コロナに人類が打ち勝った証」と述べてきた。仮にコロナワクチン作戦に成功するとする。しかし菅総理の弱い点は外交と防衛であることが欧米にばれている。もしプラウドボーイズといった過激派が東京2020にあわせて来日し、暴徒化したら、それは菅総理は言動不一致と指摘されうる。その兆しが先のラグビーW杯だった。いわゆるフーリガンみたいのは、欧米で影を潜める如く、しかし着実にいきのこってきた。また先月の米ワシントン議事堂占拠で、米FBIは被疑者の拘束にてこずっている。つまり野放し。それが東京2020に来ないとは誰も保証できないはず。★